片思い・アプローチ

先輩の告白を相手を傷つけず上手に断る方法!LINEでの断り方も紹介!

先輩 告白 断り方 LINE

スポンサーリンク

男性からの告白は、本来うれしいもののはずですし、「断るなんて贅沢」と言われてしまうこともしばしばあります。

自分が好きな人から告白されればうれしいのは当然ですし、悩まず「OK」と答えるでしょう。

ですが、断りたい理由も様々あります。

今回は、部活の先輩からlineで告白された場合の、相手を傷つけない断り方を詳しく紹介しましょう。

部活の先輩からlineで告白された!断りたいけど傷つけたくない

部活の先輩ともなれば、当然lineも交換していますし、日常からlineで会話をしていればそのままの流れで「告白される」ということもあり得ない話ではありません。

告白されるのはうれしい出来事でもありますが、先輩との恋愛が考えられない場合や、部活や勉強に集中したいなどの理由から断りたいと思うのも当然です。

断りたいのももっともですが、告白を断ったのをきっかけに、先輩との仲が悪くなる、部活に居づらくなるなど不安も尽きないものです。

可能であれば、先輩の告白を断り、これまでの関係性を続けたいものです。

では、どのような断り方であれば、先輩を傷つけず、これまでの関係を続けられるのでしょうか?

先輩を傷つけない断り方3パターン

まずは、告白してくれた先輩を傷つけない断り方を3パターン紹介します。

直接には「直接」lineなら「line」

一般的に告白を断るなら直接会って話すのが良いと言われますが、今回は「lineで告白された」ケースなので、断る時もlineで問題ありません。

直接告白されたのであれば、直接会って断るのがマナーとされています。

なので、直接面と向かって告白された場合は直接断り、手紙で告白された場合は手紙で断りましょう。

マナーに則って、lineで告白された場合は、lineで断るのが適切です。

断るなら「告白直後」がおすすめ

男性は、女性が迷う素振りを見せると期待してしまいます。

さらに、告白から時間が空けば空くほど、期待を募らせていきます。

期待した分、断られた時のショックの度合いは計り知れないものになってしまうので、告白を断るなら告白直後がおすすめです。

もし、現段階で告白から数日経ってしまっているようなら、今すぐにでも返事をすることをおすすめします。

告白に対して誠実に向き合う

告白を断るなら、先輩の告白に対して誠実な思いで答えなければなりません。

照れ隠しで「冗談でしょ?」などはもっての外です。

たとえ、lineでの軽い告白であったとしても、相手からすれば勇気を振り絞った結果ということを念頭に置いておきましょう。

真剣に告白してくれたのなら、真剣に返すのが礼儀です。

先輩を傷つけない言葉5選

先輩を傷つけない断り方に続いて、先輩を傷つけないお断りのメッセージ例を紹介しておきましょう。

断り方と合わせて使えば、より先輩を傷つけない断り方ができます。

絶対に入れるべき言葉「気持ちはうれしいけど」

「気持ちはうれしいけど」は、告白された相手に断りの言葉を伝える際の枕言葉として使われる常套句です。

こうした前置きがあれば先輩も断られる事が分かりますし、決して自分の告白が邪険にされた訳ではないと感じられます。

あとは、断りたい理由と、「告白してくれてありがとう」「応えられなくてごめんなさい」などの言葉があれば、100点満点です。

本当でも嘘でもOK「他に好きな人が居る」

本当であれば断る理由になりますし、たとえ嘘でも当人の心は当人にしか知りえないことです。

先輩としても「他に好きな人が居る」と言われれば諦めも付きます。

率直に「タイプじゃない」

男性の中には、はっきり断られて次にいきたいという人もいます。

率直に「タイプじゃない」と言われれば、変な期待も抱かせずに済みます。

今の関係性でいたいなら「今の関係を続けたい」

たとえ告白してくれたとしても部活の先輩です。

断った後も顔を合わせることになるのですから、恋愛対象でないなら、「今の関係(先輩後輩)で居たい」と素直に告げてみましょう。

「今の関係を続ける」ことに安堵する男性も少なくないので、この断り文句も有効です。

学生の本分を生かして「部活と勉強に集中したい」

学生ならではの断り文句です。

勉強に部活にと、何かと忙しく他のことに気を割いていられない場合に有効です。

実際に部活に所属し、成績を落とさないようにするだけでも至難の業なのですから、「部活と勉強に集中したい」のは当然と言えるでしょう。

学生の本分とも言える断り文句なので、先輩も「しょうがない」と思ってくれます。

告白を断った後の行動3つ

告白に対しては、断ってしまえば終わりです。

しかし、先輩とのその後は告白を断った後も続いていきます。

告白から断るまでに至るに、一番悩むのは「断った後」でしょう。

そこで、告白を断った後の行動をアドバイスしておきます。

よそよそしくしない

告白を断った後は、どうしても気まずい雰囲気になってしまいます。

ですが、気まずい雰囲気をいつまでも引きずっていては、先輩後輩という関係にも陰を落としかねません。

告白を断った後も、今までと変わりないやりとりを心がけましょう。

最初はぎこちなくなるかもしれませんが、続けていけば今まで通りのやりとりが自然にできるようになっていきます。

周囲に言いふらさない

恋愛とは、二人だけの秘めやかな関係です。

lineでのやりとりであった場合は、尚の事秘匿性の高い案件になります。

しかも、断った関係であるならば、周囲に言いふらす行為は悪意しか感じられません。

断った時点で、誰にも言わず、あなたの胸の中にしまっておきましょう。

その後は相手に任せる

あなたがいくら先輩後輩の関係を続けたいと願っても、先輩があなたにどう接するかは先輩次第です。

告白を断れば先輩が傷つきますが、その後の関係に亀裂が生じればあなたも傷つきます。

相手はその傷を覚悟で告白していますから、断るならあなたも相応の傷を覚悟しなければなりません。

「告白してきたのは先輩なのに」と理不尽に感じるかもしれませんが、誠意を持った対応を続けましょう。

誠意を持って接していれば、いずれ元の関係に戻れる可能性もあります。

まとめ:告白した時点で多少の傷は覚悟している

今回は、部活の先輩からlineで告白された場合の傷つけない断り方について紹介してきました。

ですが、告白を断るのに、傷つかないという人は居ません。

あくまでも、傷を大きくしないための断り方として覚えておいてください。

先輩も告白した時点で、多少の傷を負うことは覚悟しています。

その覚悟に誠実に向き合い、あなたの思いを伝えることが重要なのです。

スポンサーリンク

-片思い・アプローチ

© 2021 恋愛ファクターズ Powered by AFFINGER5