片思い・アプローチ

気になるコンビニ店員に告白したい時に最適なアプローチや対応は?

コンビニ店員 アプローチ

スポンサーリンク

コンビニの女性店員さんの中にはかわいい人も多いですよね。

誰もが一度は気になったことがあるのではないでしょうか?

あなたがかわいいと思っているということは、誰もがかわいいと思っているはずなので、競争率も高いでしょう。

ではコンビニの女性店員さんに恋をしてしまったら、どうやってアプローチすれば成功するのでしょうか。

この記事ではその方法についてまとめてみました。

できるだけ自分のことを意識してもらう

コンビニ店員 アプローチ

コンビニの店員さんですから、もちろん日々たくさんの人を相手に接客しています。

あなたが相手に恋をしていたとしても、相手はあなたのことを覚えていない可能性が高いのです。

そのためまずあなたが相手から意識されなければなりません。

まずできることとしては、そのコンビニに毎日同じ時間に出かけていって同じ商品を買うということです。

そうすれば向こうも「あ、またあの人だ」と意識してくれるようになります。

できれば空いている時間に行くと、より覚えてくれる可能性が高くなります。

人間は心理的に、「何度も顔を合わせているというだけでその相手になんとなく好意を持ってしまう」という性質があります。

その性質を利用していくことが第一の成功の秘訣です。

しっかり笑顔で「ありがとうございます」と言う

そのコンビニでものを買う時は、できるだけ笑顔で「ありがとうございます」と言うようにしましょう。

たったこれだけのことでも、やっている人はほとんどいません。男性となればなおさらです。

きちんと目を合わせて、笑顔で「ありがとうございます」と言う。

これさえできれば、常連さんの中でも「相当感じのいい人」になれるでしょう。

また、注文するのはおでんや肉まん、フライドチキンなど、レジ横の店員さんに取ってもらう商品がいいでしょう。

少しですが相手と長く接することができる上、少しだけなら自然に会話を挟むことができるチャンスも生まれます。

あいさつをする

相手に自分を意識してもらう方法として、あいさつをしてみるというのもいいでしょう。

レジで商品を買う際に、お目当ての女性店員さんに「おはようございます」「こんにちは」などあいさつをしてみます。

レジでいちいちあいさつをする人って、滅多にいないですよね。

でもあいさつをするくらい人として普通ですし、相手も返すだけなので面倒ではありません。

短めに世間話をする

もしコンビニが空いていて、その女性店員さんが忙しくなさそうだったら、短めの世間話をしてみてもいいかもしれません。

「今日空いてますね」「今日寒いですね」など、お店の状態や天候について話すのが無難でしょう。

自分のことや相手のことについて話すことは避けた方がいいと思います。

あなたは相手に興味を持っているかもしれませんが、相手からすればあなたはただのお客さんの一人です。

あんまりプライベートなことを話して、相手を困らせてしまうことのないようにしましょう。

面倒な客だと思われないことが大事

そもそもコンビニというのは話すことに適した場所ではありません。店員さんもすることがたくさんあります。

相手のことが気になるあまり話し込みすぎたりすることは、迷惑だと思われかねません。

またかわいい女性店員さんというのは、今までも男性から何らかの形でアプローチされた経験が多いと考えられます。

そんな彼女に「また面倒な人が来たな……」と思われることが一番最悪ですよね。

大切なのは「相手と仲良くなろう!」と気構えることよりも、「自分のことを印象付けた上で、できるだけ減点されないようにしよう」と考えることです。

飽くまでも常識的にふるまうことで「面倒くさくない人ですよ」「無害ですよ」とアピールできた方が成功する確率も上がるはずです。

相手からのサインを見逃さない

もし相手もあなたのことが気になりはじめたら、なんらかのサインがあるはずです。

具体的には「目が合ったら笑顔になる」「向こうからあいさつをしてくれる」「少し話を振っただけで色んなことを答えてくれる」などがそうですね。

とはいえ、そこまで相手が好反応を示してくれなくても、あきらめる必要はないと思います。

他の店員がいる中であからさまにお客さんと話すのは気が引けるはずです。

そして何より、たとえ失敗するとしてもこちらの連絡先を渡すのは自由ですからね。

連絡先を渡す

メモ用紙に連絡先を書いて「よかったら受け取ってください」と言って渡します。

あまり余計なことは言わない方がいいと思います。

連絡先を渡すことが成功しても失敗しても、しばらくそのお店には行かない方がいいでしょう。

デートに誘う

もし相手から連絡が来たらデートに誘います。

連絡を取っているだけの状態で、いきなり「ずっと気になってました」とか「付き合ってください」と言うのはあまり良い手ではありません。

あなたも相手のことをよく知りませんし、相手もあなたのことをよく知らないからです。

一度遊んでみて、「お互いに話が弾むか」「一緒にいて楽しいか」など、試してみる必要があります。

告白する

デートに誘い出すことができたら、いよいよ告白します。

これに関しては、直接面と向かって自分の想いを伝えるまでです。

ラインなどで告白するのも悪いとは思いませんが、やはり直接言った方が気持ちが伝わるでしょう。

ダメだったとしても落ち込む必要はない

ダメだったとしても落ち込む必要はありません。

一番よくないのは「絶対にこの子と付き合うんだ!」と思い込んだり、「この子にフラれたら終わりだ……」と思いつめたりしながら相手にアプローチすることです。

こういう余裕のないアプローチの仕方が一番女性から嫌われるというのは、よく言われていることですよね。

コンビニというのは全国に無数にありますよね。セブンイレブンだけでも2万店を超えているそうです。

ということは、他にもかわいい女性店員さんはいくらでもいるに違いありません。

「この子にフラれても、またかわいい店員さんはいくらでも見つかるから大丈夫」くらいに構えて、余裕を持ってアプローチしていきましょう。

もしかしたら、これが最大の成功のポイントかもしれません。

スポンサーリンク

-片思い・アプローチ

© 2021 恋愛ファクターズ Powered by AFFINGER5